fc2ブログ






若いやり手の経営者にお会いしました

今週、業界では有名な社長にお会いしました。
お若いのに堂々としていて感心しました。
同年代の頃の自分と重ねてみて、どうかというのがマイブームですが
度胸と才能の違いでまったく比較にならないでしょうか。
仲間を引き付ける何かがあると思います。
これからのお付き合いの中で、どれだけ関われるか分かりませんが
是非とも進んでいきたいものです。
スポンサーサイト



[ 2021/11/13 15:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

「Googleが掲げる10の事実」

たまたまグーグルについて調査中に以下のような文面がありました。
とても参考になりましたが私、お頭が弱いので記録したいと思います。

【備忘録】

1.「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」

ユーザーがどの様な目的で、どの様な情報を必要としているのかを考える・・。
Webサイトはエンドユーザーの為に存在しています。

検索キーワードの概念の基本はこの項目に集約されているといえます。
実際に検索をしたいキーワードとコンテンツの内容がかけ離れてたり、
キーワードと関係の無い情報が多いサイトは、
質の悪いサイトという事になってしまいます。
その様なサイトはgoogleからの評価も低くなります。

2.「1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番」

SEO対策の概念でこの項目を考えると、
ターゲットの絞り込みに該当するのではないかと考えます。

つまりは複合された目的のサイトというのは、
情報伝達の効率が悪いとgoogleは考えています。

例えば集客を目的とするサイトと、
企業サイトとの違いがあります。

集客を目的とするサイトは商品に対しての、
購入意欲が高い人に向けて作られます。

例えていうのならば今すぐお肉を食べたいと考えている人に対してと、
今は食べたくないけどお肉が大好きな人に対して作らてるWebサイトでは、
内容がまったく異なります。

欲張りにどちらのターゲットにも伝えようとするサイトは、
キーワードにブレが出てきます。

3.「遅いより速いほうがいい」

WEBサイトに留まる時間が長い方が良いと思いがちですが、
必要以上に長いのは「ユーザーの貴重な時間を無駄に」することでしょう。

ユーザーにとって必要な情報を素早く見つけられるWEBサイトの方が、
目的もなく滞在時間が長いだけのサイトよりも評価が高いと言えます。

それに加えてサイト自体の軽快さというのは、
ユーザーに余計なストレスを与えないサイトとして、
SEOにも優位になる傾向にあります。

Web制作者としては年々と重たくなるデータ量に対して、
如何に通信スピードを確保するのか?
腕の見せ所の部分にもなりますね。

4.「ウェブ上の民主主義は機能します」

Goolgeはリンクを「投票」と例え、
民主主義によるWEBサイトの評価を掲げています。

「あれ?ちょっと古いのかな?」とも思いますが、
已然として「リンクの重要性」は変わっていないので、
根っこの部分はかわっていないことがわかります。

対策をするにあたって近年「コンテンツ重視」のSEO対策は、
確かに有効ではありますが、「被リンク数」というのも依然として、
SEOを対策を行う場合の重要なポイントであります。

5.「情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない」

モバイルファーストですね。
今後はモバイルのみに関わらず様々なデバイス(機器)で、
アクセスする環境が求められますので、
常に新しい情報をチェックしておく必要があります。

6.「悪事を働かなくてもお金は稼げる」

Googleが広告によって収益を得ている。この収益を得る為のタブーについてかかれています。

[aside type=”normal”]

Google のユーザーは Google の客観性を信頼しているのであり、その信頼を損なって短期的に収益が増加しても意味がないのです。

/引用元:Googleが掲げる10の事実

[/aside]

これを脅かす事はしてはいけないというのは言うまでもありませんね。
情報の信用性や誇大広告についての類については、今後、厳しくなってなっていく事でしょう。

7.「世の中にはまだまだ情報があふれている」

ユーザーが必要としている情報は、まだまだあるという事です。
必要な情報を必要とされる人に効率よく届ける事は、
Webサービスの基盤です。

8.「情報のニーズはすべての国境を越える」

国境を越え、言葉の壁を越えていこうとしているのがよくわかります。

今後は多言語仕様というのも、
SEOの評価に関係するかもわかりませんね。

9.「スーツがなくても真剣に仕事はできる」

今回はWeb開発者及び、担当者目線で「Googleの10の事実」から、
SEOについて紐解く事がテーマなので、
この項目について悩むところではありますが、

例えばこういう観点ではどうでしょうか??
仕事しているのはオフィスとは限らず、様々な場所で仕事される方がおります。
日本の慣習からだけでは想像しにくい、
ワークスタイルが世界には常識となりつつある事実。
インターネットはこれにも対応していかない。

といけないといった解釈をさせて頂きます。

10.「”すばらしい”では足りない」

現状に満足しないことが 、
Google のすべての原動力となっているのです。
Facebookもそうですが、
常に改善をし続けて、高みを目指し続けるのは素晴らしいと思っています。

先に紐解いた9つの項目をGoogleの大原則として、
googleが開発しているアルゴリズムは常にバージョンアップします。

今の流行だけで最適SEO対策とWebマーケティングは、
判断は出来ないという事実が紐解けます。

SEOやWebマーケティングを考える上でテクニックの引き出しが多い事は、
素晴らしいことだと思いますが、

常にバージョンアップを繰り返すアルゴリズムに対して、
今回紹介した「Googleが掲げる10の事実」に記されている、
普遍的なSEO大原則を意識して施策を実行していきましょう。
[ 2021/07/12 16:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ペイペイ銀行って

あんまり一般の方はご存じないと思いますが、「ジャパンネット銀行」が「ペイペイ銀行」という名前に変更されました。
正直、なじみません
ペイペイのネームバリューは認めます。
別に会社が決めたことなのでケチをつけているわけではありません、
でもやっぱり、なじみません
使っているうちに慣れるかなとも思いましたがやっぱり、なじみません
できれば戻してもらいたいくらいです。
まぁ無理でしょうけど・・
こんな違和感を持っているのは私だけでしょうか?
[ 2021/07/05 17:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

久々にブログ書いてます

5月にホームページのリニューアルは出来ましたが、運用中にちょこちょこと直しがありまして、苦戦しております。
さて不動産物件の購入はタイミングが大事のお話しです。
高額商品ですので購入をよく考えて行動するのは当たり前ですが、後回しにすると先客様に買われてしまう場合が多々あります。
「またそのうち出るよ」と思われるでしょうが、ほしい土地建物は大きさ、方角、形など二つと同じものはありません。
なので後悔のしないためのフィーリングを第一に、タイミングとのバランスをとるのがよいと思います。
[ 2021/06/07 18:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ホームページ・リニューアルのお知らせ

お客様にわかり易く、見やすいホームページを目指して5月中旬にホームページをリニューアルいたします。

コンセプトはシンプル

今までのものも愛着があったのですが、思い切って変えちゃいます。
たくさんの方にリニューアルしたホームページをご覧いただき、皆様のお役にたてるよう今後も頑張ってまいりますので応援、よろしくお願いいたします。
[ 2016/04/30 14:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)